専門学校でデザインは学べる?

デザイン専門学校は知識がなくても入学出来る?

将来デザイン関係の仕事に就きたいと考えていて、専門学校への進学を検討している方も多いと思います。
デザインの専門学校と聞くと「ある程度の知識や技術が必要なのでは?」と不安に感じる方も多いですが、実際には知識も技術も必要がありません。専門学校のカリキュラムで基礎知識・技術の習得が可能となっているからです。入学前に独学で変なクセが付いてしまうと矯正しにくい事からデザインに関して全く知識や技術がない方が良いという意見もあります。
それでも心配になる方は、受験をする際の面接で質問しておくと良いでしょう。質問をしたからといって評価が下がる事はなく、熱意・意欲のアピールに繋がる場合も珍しくないので問題はありません。

基礎以外に専門学校を卒業するメリットってあるの?

基礎知識・技術を習得出来るだけがデザイン専門学校のメリットではありません。ある程度の知識・技術を習得した後の授業では応用力を身に付ける授業が増えていきます。
授業を行っている講師に現役で活躍していたり実績の多いデザイナーを雇用している専門学校も多いので、現場で使える技術を生で見れます。講師の方からは実際の現場であった話等のネットや教材では知る事の出来ない為になる話を聞けたりもするんですよ。また、分からない事や出来ない事を質問した際に、すぐに明確な答えをもらえるレスポンスの良さも魅力の1つです。
実績の多い卒業生を輩出している専門学校では就職を有利に進めれるという特徴もあります。一般的な求人情報には載らない有名企業に応募出来る機会も多い事で人気を集めています。

© Copyright Special Skills. All Rights Reserved.