デザイン関係の仕事に就きたい!専門学校での学科選び

学科を選ぶ時のコツとは?

基本的にどのデザインの専門学校も、職業の名前がそのまま学科名になっていることが多いです。例えば、将来はグラフィックデザイナーになりたい人の場合なら、グラフィックデザイン学科というところに行くのが一般的です。
ただし、とにかくデザイン関係の仕事に就きたいといった具合に、目標がまだ漠然としか決まっていない人もいるでしょう。その場合は、まずは体験コースや無料で授業が受けられるところもあるので利用しておくと良いです。
それからすべての専門学校ではないのですが、中には二年生に進学する際に専攻する学科を決めるといったケースも珍しくありません。そのため、とりあえず入学してみてから、やりたいことを探すというやり方もあります。

知っておくと良いこと

今はデザインの仕事に憧れていたとしても、時間が経つにつれて目標が変わってしまう可能性もないとは言えません。それにデザイン関係の仕事をするにしても、一般教養を身につけておいて損はないです。
そこで同じデザインの専門学校だったとしても、卒業後に高卒や大卒といった資格を取得できるところも選択肢に入れておきたいです。このようなところでは、普通科の学校でやる授業も受けられます。もちろんデザインのことだけを学びたいのであれば、一般教養の授業はほとんどないといった専門学校も存在します。
それらのことは、ホームページに授業スケジュールを公開しているのでアクセスしておくとわかります。そして自分が学びたい学科がどれだけあるのかを見て、自分に合ったところかを判断するのも良い方法です。

アニメの学校では、監督、演出、アニメーターや声優など、アニメに携わるさまざまな職業を目指して専門的な勉強ができます。

© Copyright Special Skills. All Rights Reserved.