ゲーム関係の仕事に就くには?おすすめの専門学校

ゲームの専門学校は学科やコースで選ぼう

ゲームの専門学校は、沢山ありますが、ゲーム業界につくには自分が目指す学科を定めることが重要です。ゲームの仕事といっても、プランナーという企画職やディレクター、CGデザイナー、プログラマーなど多種多様な仕事があります。中には、総合的に横断して各分野が学べる学科がありますが、いたずらに期間を費やして器用貧乏になるリスクがあるので注意が必要です。そのため、自分がゲーム業界に貢献したい分野が何かを見極めて、2年ぐらいのコースで終了できるようなカリキュラムを選ぶと良いでしょう。確かに、ゲーム業界のスタークリエイターは多くの分野に精通していますが、ゲーム黎明期から最前線で活躍している人の話であり、現在は専門分野が細分化されています。

ゲーム専門学校卒業後の就職が大事

ゲームの専門学校で高い意識で頑張っている人は、就職についても良く考えています。一方で、学生という時間をモラトリアム感覚で得ている人は、就職率の高さに安心している可能性があります。専門学校の就職率は確かに高いですが、その就職率の高さはゲーム業界だけではなく、IT企業の技術職の就職も含まれた結果の高さです。そのため、ゲーム業界にどうしても就職したい場合、就職率の高さにあぐらをかくのはやめた方が良いです。さらに、ゲーム業界の就職の場合、初心を思いだして就職活動することが大事だといえます。ゲーム専門学校に入る人は、少なくとも技術を身に付ければどのようなゲームを作りたいか青写真があったはずです。その青写真をアピールすれば、ゲーム業界への就職も果たしやすくなります。

漫画の専門学校では授業内容や課外授業が充実しているので、資格を習得でき、就職先が見つかりやすいです。

© Copyright Special Skills. All Rights Reserved.